ジャムって、どうやって出来るの?

【ドリームメーカー】 東京にある唯一の「村」、檜原村の農家さん

【叶えて!】 ジャム作りをしてみたい女の子

★叶った夢★
毎朝、パンに塗って食べているジャム。自然の中で育つ果物を収穫して、ジャムをつくる体験をしてきました!

大自然に囲まれた東京にある唯一の「村」、檜原村へ。
ナツハゼという、ブルーベリーにも似ているこの実。ブルーベリーよりもちょっと酸味があって、栄養価がとても高い日本に自生する落葉低木樹の実です。
秋の始まるこの頃が、ちょうど食べ頃のようです。
友達と競争して収穫したナツハゼを持ち帰り、葉と枝を綺麗に取り除いて洗う。
ジャムづくりとは、根気がいる作業でした。
こんなに丁寧な作業でジャムがつくられているなんて、初めて知りました。

じっくりコトコトと煮詰めたジャムは、見た目はよくあるブルーベリージャムのようですが、一味違う秋の味。
かわいい瓶に丁寧につめて、家族とお友達にもわけてあげようかな!

関連商品

  1. 昆虫に触ったよ!自然観察って楽しい♪

    いつも歩いている場所でも、ちょっと視点を変えると楽しい発見がいっぱい! 植物や動物、昆虫たちの秘密を一緒に探すヒントをもらえます。虫が苦手な子でも楽しめるような時間となるでしょう

  2. 初めての餅つき体験!

    テレビで餅つきイベントを見て、「うわぁ、やってみたい~」と言い出した町内の仲良し小学生たち。へぇー、臼ってこんな大きいんだ。初めてもつ杵は重い!

  3. ストリートけん玉の技を覚えたい!

    ショップのウッドデッキで、けん玉の基礎からはじまり、細かい技を組み合わせて楽しむ方法など、細かく丁寧に教えてもらいました。 「けん玉の持ち方、玉の見方、ちょっとしたコツなど、本や動画では学べないこといっぱい教えてもらったよ!」

  4. お店屋さんをやってみたい!

    本物のお店で「いらっしゃいませ」をしてみたいなと言う4歳の女の子。 「うちのお店でやってみる?」と手をあげてくれたお花屋さんで、お姉さんと一緒に開店準備。 エプロンをつけた小さな女の子が店頭に立っていると、道行く人は思わずお花屋さんに立ち寄っていました

  5. 釣りを教えてもらったよ!

    マス釣りを教えてくれるというドリームメーカーさんに出会い、都心からちょっと足をのばし、秋川渓谷へ。 何度もエサをとられながらも一匹目が釣れたときの感動!!!忘れられません。

ページ上部へ戻る